午後の一コマ

市川海老蔵の子供の名前はれいかちゃん!長女のお受験先が判明?

      2015/07/20

33

歌舞伎の名家「成田屋」の長男として生まれ、現代の歌舞伎を担い、人気を博している市川海老蔵さん。

そんな市川海老蔵さんですが、最近は長女長男の二人の子供にも恵まれました。
今回はそのお子さんについてスポットライトを当ててみます。

Sponsored Link

プロフィール

本名 堀越孝俊
生年月日 1977年12月6日
出身地 東京都
趣味 相撲鑑賞
特技 バスケットボール
屋号 成田屋
父 十二代目市川團十郎

市川海老蔵の子供の名前

市川海老蔵さんは現在二人の子供がいます。
第一子が長女で、第二子が長男ですね。

そんな愛娘の名前は「麗禾(れいか)」ちゃんと言います。

禾という漢字はあまり見かけないですが、「か」として読むことが出来ます。

この漢字は他にもイネやノギとして読むことが出来るため、美しいイネのように実りのある人生を歩んで欲しいという意味を込めて名付けられたのかもしれませんね。

しかし、みなさんご存知かと思いますが、現在の歌舞伎界において女性は歌舞伎役者になることができない規則です。

父親である市川海老蔵さんはそれをどう考えているのでしょうか。

歌舞伎がすでに大好きだという麗禾ちゃんですが、市川海老蔵さんは娘の将来について「主婦やパート、女優、何をしたっていい」「苦しいが、どう受け止めるのかを無責任に見てやろうと思う」と彼なりにしっかりと見据えているようです。

ちなみに第二子の長男の名前は「勧玄(かんげん)」くんと言います。
まだまだ幼いですが、成田屋の次期跡取りとして市川海老蔵さんは大いに期待をしているのだとか。

Sponsored Link

長女の受験先とは?

最近麗禾ちゃんは難関私立幼稚園を合格したそうですが、どの幼稚園に受験を受けていたのでしょうか。

その幼稚園先とは「青山学院幼稚園」のようです。

青山学院幼稚園には芸能人の子供はもちろん、セレブな家庭が入園すると言われている幼稚園の名門です。

余談ですが宮沢りえさんのお子さんも、この幼稚園の受験を考えていたようです。
詳しくはこちらに記載してあります↓
宮沢りえの旦那は中津ひろゆきさん?子供の幼稚園は成城へ通っている!?

受験に合格させるために、なんと麗禾ちゃんが1歳の頃から有名幼稚園に入園するために英才教育をしてくれる託児所にいれていたのだそうです。

その託児所の対象年齢は1歳から9歳までで、年齢や金額によって様々なコースを選ぶことができるのだとか。

しかも毎日のスケジュールに課題学習が組み込まれているので、子供たちは勉強をしなくとも自然に受験の準備ができる仕組みになっているのだそうです。

無理なく受験勉強できるというのは、子供にとっても非常に楽そうですね。
まさに理想の受験対策ではないでしょうか。

そして麗禾ちゃんをこの幼稚園に入れた理由がありました。

それは長男の勧玄くんをどうしても青山学院のブランドを持って欲しかったからだそうです。

市川海老蔵さんの父である市川團十郎さんは、青山学院高等部を卒業しており、市川海老蔵さん自身も同じ高校に通っていました。

しかし市川海老蔵さんは、留年をしてしまったために堀越高等学校へ編入をし、そのまま卒業となってしまいました。

この流れから、どうにか自分の息子には尊敬する父と同じ高校を卒業して欲しい、という強い想いがあったそうです。

そこで妻の小林麻央さんは、「まずは長女の麗禾ちゃんを先に入園させて、続けて勧玄くんという流れでいけば上手くいくのではないか」と考え、市川海老蔵さんと海老蔵さんの母親を説得し、計画通り麗禾ちゃんを入園させたのだとか。

うーん、若干親の想いに振り回されている気もしますね…。
しかし名門幼稚園であることは間違いないので、今後不利を被ることはないでしょう(笑)

 

二人のお子さんは果たしてこの先どんな未来を進んでいくのでしょうか。
楽しみにしながら見守っていきたいですね。

<おまけ>

【市川海老蔵さんの関連記事】
市川海老蔵の娘が入園した幼稚園は仏教系のどこなのか検証!息子がダウン症の噂の真相とは!?

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の関連記事もご一緒にどうぞ