> 吉高由里子が韓国で人気となった秘密とは!?マネージャーの加藤久美子がある問題を起こしてヤバイ!? | 午後の一コマ e.css" rel="stylesheet"> C%81%EF%BC%9F'; window._wp_rp_post_tags = ['%E5%A5%B3%E5%84%AA', '%E8%8A%B8%E8%83%BD', 'a']; window._wp_rp_promoted_content = true; ontent/cache/wpfc-minified/5c237a59ec96d16d7f04df596415cf53/1436428573index.css' type='text/css' media='all' /> target.onmousedown=function(){return false} target.style.cursor = "default" }

午後の一コマ

吉高由里子が韓国で人気となった秘密とは!?マネージャーの加藤久美子がある問題を起こしてヤバイ!?

      2015/07/26

95

ドラマ「花子とアン」にてブレイクし、誰もが知る女優として上り詰めた吉高由里子さん。

そんな吉高由里子さんですが、日本にとどまらず韓国でも人気があるそうです。
そしてマネージャーの加藤久美子さんが問題を引き起こしてヤバイと話題に?!

Sponsored Link

プロフィール

生年月日 1988年7月22日
出身地 東京都
趣味 絵を描くこと、音楽鑑賞
好きな色 黒、紫
好きな映画 ジブリ作品
事務所 アミューズ

吉高由里子が韓国でも人気?

吉高由里子さんは国内だけでなく、海外のドラマにも参加をしていました。
最近では、韓国ドラマ「ヴァンパイア検事」に出演をされています。

吉高由里子さんは日本の占い師役として熱演され、その演技力とミステリアスな雰囲気に「吉高由里子の神秘的なイメージとドラマが良く似合うようだ」、「“日本のイム・スジョン”と聞いていたけど、本当に綺麗だ。楽しみだ」と、韓国でも高い支持を得たようです。

吉高由里子さんが韓国でここまで人気になった秘密は、おそらく映画「GANTZ」「蛇にピアス」などの作品が彼女を有名にしたからではないかと言われています。

韓国でもこれらの映画は放映されていましたからね。

またこのドラマは韓国で人気のある作品だったそうで、そこへ出演したことによってさらに吉高由里子さんの人気に火がついた形となったようです。

ちなみに吉高由里子さんは2話で登場するのですが、キャラが好評だったため、9話で再登場をしたそうです。

海外にも評価をしてくれるファンがいるというのは、非常に喜ばしいことですよね。

Sponsored Link

マネージャーがヤバイ?

吉高由里子さんのマネージャーは加藤久美子(かとう くみこ)さんといい、ファンの間では、誰よりも吉高由里子さんのことを理解しているということで有名なのだそうです。

花子とアンや去年の紅白歌合戦の司会をやると思わせたのが、加藤久美子さんだったのだとか。

そんな良マネージャーが、事務所怒らせてヤバイと話題になっているそうです。

実は加藤久美子さん、去年の末で勤務先である事務所のアミューズを退職しています。
その退職する前に出版された「Quick Japan」が事務所の怒りを買ってしまい、非常にヤバかったと週刊新潮が報道しています。

表向きは吉高由里子さんの特集となっていたのですが、その内容はほとんどマネージャーを褒め称えるものばかりで、本人も顔出しで何度も登場しているのだとか。

それもそのはず。
この特集は、なんと加藤久美子さんが事務所を退社するにあたり、自分の花道を自分で作る、という隠れた意図があったのだそうです。

しかも、雑誌の企画自体を事務所には発売ギリギリまで黙っていたとのこと。
彼女の一連の問題行動に事務所も大激怒しないわけがないですよね。

首を来られてもおかしくないほどのヤバイ状況を引き起こしてしまった彼女ですが、退職が決まっていたということもあり、あまり大事にはならなかったのだそうです。

しかし、どう考えても確信犯ですよね。
大手事務所を敵にして去ったのですから、もうこちらの業界には戻ることはできないでしょう。

 

去年は朝ドラで勢いをつけた吉高由里子さん。
今年も様々なところで活躍を広げて欲しいですね。

【吉高由里子さんの関連記事】
吉高由里子の本名がリーダーでついに判明!?身長を香里奈と比べると驚きの結果が!?

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の関連記事もご一緒にどうぞ

吉高由里子が韓国で人気となった秘密とは!?マネージャーの加藤久美子がある問題を起こしてヤバイ!?

ある日の一コマに面白さを。

Copyright© 午後の一コマ , 2015 All Rights Reserved.